移転しました。

カフェの定休日はいつにする?利益を下げずにオーナーの休みを決める方法

移転しました。

カフェの売上を決める要素の一つ「定休日」

 

毎月のカフェの売上のほとんどを特定の曜日だけで稼ぐカフェ・喫茶店があることも考えれば、定休日の設定はカフェ・喫茶店経営の"キモ"と言ってもいいでしょう。

 

そこで今回は、カフェの定休日をいつにするのか、どうやって決めるのか、また、一度決めた定休日を変更するときにはどうすればいいのか、その方法をご紹介していきます。

 

f:id:nyarumeku:20180528082734j:plain

 

定休日を決めるときに考えるべきこと

まず、カフェの定休日を決めるとき、大前提として考えるべきことが2つあります。

 

・店舗の立地やターゲットはどこか?

オフィス街のカフェでは、土日の売上は激減します。会社員が会社に出勤していない土日には、そもそもカフェの周りにいる人が少ないからです。こういった日は間違いなく定休日候補と言っていいでしょう。

 

オフィス街でなくとも、サラリーマンをターゲットにしているお店は土日休みにする場合が多いです。

 

逆に、住宅街やロードサイド店、観光地立地など、一般的なカフェは土日が稼ぎどき。平日の数倍は軽く売り上げるので、定休日を設定するなら間違いなく平日がおすすめです。

 

「平日の何曜日にするか?」に正解はありませんが、近くの飲食店や美容室が何曜休みにしているかを参考にするとよいでしょう。多くの店舗が休みにしている曜日があるとしたら、その曜日はそのエリアのお客さんが動かない曜日。売上も低いことが多いはずです。

 

・カフェ以外の事業にも関わるか?

ちなみに、カフェ以外の事業にも関わる場合は、少し考え方が変わります。

 

カフェの一室をセミナールームとして貸し出したり、ほかに本業があってカフェ開業するのであれば、その曜日は定休日になるでしょう。

 

カフェを優先するのか、別の事業を優先するのかは人によって分かれるでしょうが、カフェ1本でやる人に比べて、とにかくやることが増えて大変ですので「自分の体や心を消耗させない」定休日設定が大事です。

 

まずは初月無休で開業スタートしてみる

また、「どうしても定休日が設定できない」という方は、まずオープン初月だけ無休で開業してみるというのもアリ。

 

実は、意外とこのスタートをしているカフェや喫茶店は数多くあります

 

オフィス街なら土日、住宅街なら平日休みに…なんてところまでは多くの人が想像するのですが、では「土日のどちらを休みにするか」「平日の何曜日を休みにするか」と、正解は分からないことが多いからです。

 

定休日を事前に決めて開業するのは計画的でいいことですが、一方で開業したあとに、売上に合わせて定休日を設定するのも一つのやり方です。

 

ただ、そのときは疲れすぎて体に無理をかけないよう気を付けてください。開業、新規オープンの時はなにより体に負担がかかっているので、無理しすぎないことが重要です。

 

営業開始後に定休日を変更するときは?

また、定休日は一度決めてしまったら、二度と動かせないものではありません。

 

まわりの環境やターゲット層、提供するメニューの変化で、売上の伸びる日、伸びない日はガラッと変わります。そうなると、臨機応変に定休日を変える必要が出てくるでしょう。

 

そのときに一番大事なのがきちんとデータをとっていること。

 

「何曜日にどんなメニューが売れていて、一日でどれぐらい売り上げるのか」

 

最低限これさえわかっていれば、定休日の変更はスムーズにいきます。

 

とはいえ、アナログに毎日電卓を打って、記録しているのではムダな時間が増えるだけ。最近では、iPhoneやiPadのレジアプリでレジ清算をすると、自動的にどんなメニューがどれぐらい売り上げたかを記録してくれるようになりました。

 

代表的なアプリとして、リクルートが無料で提供しているAirレジ Airレジなどがあります。

 

Airレジを使うと、こんな風に売り上げが確認できます。

 

f:id:nyarumeku:20180525170741p:plain

f:id:nyarumeku:20180528081827p:plain

 

これを見れば、いつ、なにが、どのぐらい売れているのかは一目瞭然。スマートフォンを持っていない方は仕方ありませんが、無料で使えるサービスはどんどん使っていくことをおすすめします。

 

 

定休日の設定は、カフェの売上を決める重要な要素のひとつ。

 

決して、カンや経験だけに頼らず、きちんとデータに沿って決めて、変更していくとよいでしょう。