移転しました。

カフェは食べログの有料会員に登録してもメリットがあるのか?現役オーナーが食べログの効果を教えます

移転しました。

カフェや喫茶店を経営していると、食べログやぐるなびのような口コミサイトを使った集客を検討したことが一度はあると思います。

 

「ホームページでの集客や、ビラ配りでの集客には大したチカラはなかったけど、口コミサイトなら……?」そんな風に考えたことがあるオーナーさんもいらっしゃるでしょう。

 

今回は、そんな口コミサイトの有料会員の効果やデメリットについて、現役カフェオーナーの立場からご紹介させていただきます。

 

特に、口コミサイトのなかでもメジャーなサービスと言えば、食べログですが、食べログの有料店舗会員には本当になる価値があるのでしょうか?

f:id:nyarumeku:20180106214325j:plain

カフェは食べログの有料会員になるべきか?

まず、結論から言えば、カフェや喫茶店の集客をしたいと考えるなら、ぜひ食べログの有料会員の利用を検討するべきだと考えています。

 

その理由は、かかる費用に対しての集客力が圧倒的に高いからです。

 

食べログには月額10万円かかるプレミアムプランなど高額なサービスもありますが、そこまでの費用をかける必要はありません。利用者として言わせてもらえば、月額25,000円のスタンダードプランで十分な集客力があります。

 

月額25,000円の費用を回収するには、最低限「月に25,000円の利益を確保」する必要があります。原価率30%ぐらいの標準的なカフェなら、「食べログを利用することによって月額40,000円の売上が確保できるか?」がポイントになってくるわけです。

 

月額40,000円の集客というと難しそうに聞こえますが、25日営業で換算すると、1日あたり1,600円。客単価が800円のお店なら1日に2人の来客が増えると、もとをとれたことになります。

 

もちろん、実際には人件費や労働力もかさむため、1日に3人ぐらいは最低でも来客数が増えてほしいところでしょうが、食べログにはそのぐらいの集客力なら十分あります

 

実際、わたしのカフェのアクセス数は、ページ全体で月間4,000ほど。「少ない」と思われるかもしれませんが、いろいろな店舗が掲載されている食べログのなかでの4,000ページビューは決して少なくありません。

 

f:id:nyarumeku:20180106211649p:plain

 

特にポイントなのが、食べログを使ってカフェを訪ねるお客様の多くは、1人よりも2人や3人などのグループ客が多いということ。要は1日1組のお客様にさえヒットすれば、食べログにかかった経費の"もと"は回収できるわけです。

 

こうしてみると、「食べログの月額25,000円という費用は決して高くないし、おすすめしたい」と言える理由が伝わるのではないかなと思います。

 

食べログのデメリットとは?

ただし、そんな食べログのデメリットを挙げるとすれば、「2年契約である」という点です。

 

たとえば、半年間でカフェを閉めることになり、食べログを解約したとしても、その時点で残りの1年半分の残額を支払わなければいけません。お店を閉める方にとっては、かなり痛い費用です。

 

食べログが「お店の強い集客手段」であることは間違いありませんが、もちろん食べログの集客だけでカフェが成り立っていくわけではありません。地道な営業と集客ももちろん必要です。

 

「食べログの有料会員では集客ができたけど、ほかではからっきしだったので潰れた」となってしまっては、元も子もありませんし、食べログの2年契約という重さがズッシリとのしかかってしまいます。

 

こうした食べログのリスクを踏まえたうえで、利用するかを決めていくとよいでしょう。

 

担当者によると、こんなお店に食べログは向いている!

ちなみに、いくら「食べログは実際に効果があった!」と言われても、「わたしのお店にもそんなに効果があるのかしら……?」と疑問に思う方も多いでしょう。

 

そこで、わたしの個人的な体験談だけでなく、実際に食べログの営業マンに「こんなお店は食べログを使うと効果が期待できる!」というお店を尋ね、リサーチしてみました。

 

・駅チカの店

・週末予約以外の平日のお客さんがターゲットの店

・歩けばお店にあたるような密集地より、お店を探す必要があるエリアの店

・夜業態(バーなど)がメインというより昼のカフェがメインのお店

 

食べログユーザーのなかには、やっぱり「〇〇駅の近くでカフェを探したい!」という風に、駅チカのお店を探す人も多いんだとか。だから、駅に近いお店は食べログに登録するメリットが大きいのだそう。

 

あとは、週末の宴会の予約や夜のバー・居酒屋がメインの「カフェバースタイルのお店」よりは、やっぱりカフェメインのお店のほうが向いているそう。アルコールメインのお店は、食べログよりもぐるなびやホットペッパーがおススメの場合もあるとか。

 

また、駅チカでなくても「地方でお店をわざわざ探さないと、なかなか見つからない」ような場所にあるカフェも食べログが効果を発揮するそう。

 

「駅チカでアクセスが良い」

「お店を探さないと見つからないエリアにある」

「昼営業がメインで平日のお客様が増えてほしい」

 

こんな希望を持っているオーナーは、食べログに登録するメリットが大きいと言えるかもしれません。

 

ただ、こうした「有料サイトに登録する勇気がでない」「年間契約のように後からまとめて請求が来るスタイルは怖い」という方は、無料の口コミサイトを利用してみるのもいいでしょう。

 

無料の口コミサイトで代表的なものと言えば、エキテンエキテンというサービスがあります。こちらも全国区のサービスですし、食べログの有料会員ほどの効果はないとはいえ、なんといったって利用料が無料という大きなメリットがあります。

 

「まだ口コミサイトのチカラは分からないので、まずは無料サービスから試してみたい」という方は、エキテンの利用もおすすめです。