読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェ開業をデザイナーに頼むメリットとデメリットを費用やコスパの面から

カフェを開業するときに、多くの人が悩むのが「どんな内装・インテリアのお店にするか」。その時、多くの人は2つの選択を迫られます。

 

それは、「自分で内装をデザインするか」「デザイナーにデザインを外注するか」です。

 

予算の少ない人は「お金がないからデザイナーに依頼するなんてとんでもない!」なんて思うかもしれません。ですが、ちょっと待ってください。ひょっとすると、デザイナーに頼むことで開業費用を抑えられるかもしれません。

 

今回は、カフェを開業する際に、デザイナーに依頼するメリットとデメリットをご紹介します。

f:id:nyarumeku:20170331124258j:plain

 

デザイナーは「ただデザイン案を提供する人」ではない!

デザイナーというと、空間設計やインテリア・内装のデザインをしてくれるだけという印象がどこかにあるかもしれません。

 

「カフェの内装デザインなら自分で考えられるし…」

「他人のデザインにお金を払うぐらいなら自分で考えたい…」

 

もちろん、そんな方もいらっしゃるかもしれませんが、たいていのデザイナーは施工業者とのつながりを持っていますし、建築に対する知識も一般の素人よりも確実にプロフェッショナルです。

 

また、素人が考えたデザインは、やっぱりどこかで素人臭さがあります。

 

デザイナーが作ったものは、デザインそのものもそうですが、使いやすさや分かりやすさ、居心地の良さに、外から見たときの店内の印象etc…と、いろいろなことを考えられてデザインされているのです。

 

同じカフェでも全く印象が違います。

 

もう少しデザイナーに開業の依頼をするメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

 

開業時にデザイナーに頼むメリットとデメリット

まず、デザイナーに仕事を依頼するメリットが薄いのが、居ぬき(前の店舗の造作が残っている状態)で、その内装をほとんどそのまま残して使おうと思っている場合。

 

この場合は、デザイナーに仕事を頼んでも修正する部分が少なかったり、コストがかさんで居ぬきの「初期費用を安く抑えられるメリット」が消えてしまったりといったことになります。

 

もちろん、居ぬきでデザイナーに依頼をしてもいいのですが、基本的にはスケルトン(造作が何もない状態)で開業を考えているときにデザイナーに依頼したほうがベターでしょう。

 

デザイナーに依頼するメリットとデメリットは以下の通り。

 

デザイナーに頼むメリット

・開業に関わる手続きをほとんど丸投げできる

・1人で開業するよりコストを削減できることも

・素人臭さが間違いなく消え、作業もしやすい可能性が高い

 

デザイナーに頼むデメリット

・デザイナーとの相性が悪いとコストが無駄に

・建築・内装費の10%が依頼費用として必要

・デザイナーによってサービスの範囲が全く違う

 

まず、デザイナーに頼む一番のメリットは、デザインから素人臭さが消え、デザイナーによっては大家や施工主との交渉その他も一任できることでしょう。開業のときの一番大きなコストである時間を節約できるのは大きなメリットです。

 

また、意外かもしれませんが、スケルトンから作りこむなら、デザイナーに頼んだほうが初期費用を抑えられる場合もあります。施工業者とのツテもありますが、予算内で材料やデザインを組み替えることなど、素人ではなかなか判断しづらいこともデザイナーがやってくれるからです。

 

素人の場合、物件のトイレを壊したり、屋根をどこまで露わにしていいかなどが判断できませんが、建築の知識もあるデザイナーならそれができます。

 

「建築業者でも同じことができるでしょ?」と思われるかもしれませんが、店舗イメージをオーナーと共有していない建築業者だと、どんな対応をされるか分かりません。間にデザイナーという仲介役がいることで、安く済ませたりといった判断をしてもらえるのです。

 

ただ、こうしたメリットとは別にデメリットとして、単純にデザイン費として施工料の約10%を払う必要があります。これは当然といえば当然ですが、予算のない個人事業主にはつらいところ。

 

加えて、デザイナーによって相性・得意なデザインなどもあるため、デザイナー選びは慎重にする必要があります。できるなら、そのデザイナーのホームページなどで作品を事前に確認して、自分の好みに近いかどうかを調べておくとよいでしょう。

 

デザイナーに依頼するならいつがベスト?

さて、こうしたメリットとデメリットを踏まえて、デザイナーにカフェのデザインを頼むことにしました。それでは、いつデザイン案を頼めばいいのでしょうか。

 

ここに100%の正解はないのでしょうが、おすすめのタイミングは物件を借りる前です。

 

最初の内覧時についてきてもらえると、ベストでしょう。

 

理由はいくつかありますが、大きくは2つ。

 

1. 二度手間でデザイナーを呼び出す必要がないため

2. 必要な設備とそうでないものを見極めてもらうため

 

初回内覧時にデザイナーも連れておけば、「もう一度空間を見ていただいてから…」なんて手間が発生しづらくなります。デザイナーにとっても自分にとっても時間の無駄にならないでしょう。

 

そしてより大きな理由が「必要な設備とそうでない設備を見極めてもらうため」です。

 

デザイナーに仕事を依頼するメリットの一つが「内装工事費を安く済ませられることがあるから」ですが、物件内覧時に必要ないものを大家や管理会社に伝えておくと、大家負担で撤去してくれることもあります。

 

もちろん場合によるので「100%お得になります!」とは言えませんが、契約前だからこそ自分以外の専門家に物件の状況を見てもらうほうがメリットは大きいでしょう。

 

もしも無駄な設備などがあれば、そこから家賃交渉にもっていくことも可能なので、専門家の意見というのは非常に大事なのです。こうしたメリットを生かしたいなら、ぜひデザイナーに依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。