読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェのホームページは自分で作るか専門家に頼むのか?業者と素人の作るサイトのメリット・デメリット

最近では、素人でも簡単にブログやホームページを持つことができるようになってきました。これまでは、自社サイトを作るのに最低でもHTMLやCSSなどの簡単な知識が必要でしたが、最近では全く知識がなくとも自社サイトを作れるようになってきたからです。

 

たとえば、Jimdo(ジンドゥー) グーペなどはその典型で、文字を入力し、画像を自分で用意さえできれば、あとはテンプレートにテキストや画像をはめ込むだけで簡単に自社サイトを作ることができます。

 

 

こういったこともあってか、カフェ開業をするにあたって、サイトは自分で作成している方も数多くいらっしゃいます。

 

ですが、こういったツールを使った自作サイトには落とし穴もあります。今回は、自社サイトを自作する場合と専門家に頼む場合のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

自作と専門家への依頼のメリット・デメリット

まず簡単に、自作サイトと専門家へ依頼する場合のメリットをご紹介します。

 

自作サイトのメリット

  • ドメイン代(〇〇.com)とサーバー代(もしくはサービス利用代金)だけで自社サイトを持てるので費用が安い(無料で作成できるものも)
  • テンプレートに沿ってさえいれば、思い通りのサイトを作れる
  • 業者に依頼するより交渉に使う時間は減る
  • 自己管理なのでランニングコストもかからない

 

専門家へ頼むメリット

  • プロが作るので、とんでもないサイトを作られる可能性は低い(0ではない)
  • 集客対策がきちんとしたサイトを作ってもらえる可能性が高い
  • イメージの共有さえできれば、自分で作るより圧倒的にクオリティが高い
  • 自作よりも速い時間で納品してもらえる
  • 定期的なメンテナンスもしてもらえる

 

ホームページを自作する最大のメリットをご紹介しておくと、圧倒的に初期コストを減らせることです。きちんとした業者に自社サイトの作成を依頼すれば、小規模な店舗でも20~50万円は必要になることでしょう。それを自作すれば、初期コストをほぼ0に抑えることができます。

 

また、プロに依頼した場合は、初期費用だけでなくメンテナンスのランニングコストも必要になります。安いところで月額3000円~といったところでしょうか。こういったコスト面でのロスを抑えられるのは、自作の最も大きなメリットです。

 

一方で、プロに頼めば、「きちんとしたサイト」を作ってもらえます。

 

ここでいう「きちんとしたサイト」とは、単純な見た目だけでなく、検索エンジンに適したサイト構成や、ユーザーが見やすい(ユーザビリティの高い)サイトを作ってもらえるということです。


こういったところは自作でも勉強できない内容ではありませんが、やはり時間が必要になりますし、向き不向きもあります。金銭的な余裕があるなら、きちんとしたプロに頼むのがおすすめです。

 

サイトの集客力においてプロには敵わない

ほぼ断言しても良いですが、素人の作るサイトと専門家の作るサイトの一番の違いは集客力です。もっと具体的に言えばGoogleやYahooなどの検索エンジンからどれぐらい多くのアクセスを呼べるかが違います。

 

実は、見た目だけでいえば最近はサイト作成ツールも発達してきているので、素人でもパッと見、プロと遜色ないものが作れるようになってきました(あくまでパッと見です)。素人目には自作サイトとプロのサイトの違いが分からないぐらいでしょう。

 

ですが、素人の一番の問題点はGoogleやYahooなどの検索エンジンからどうやって人を呼べばいいのか分からないという点です。
 

「最近では、FacebookやtwitterなどのSNSもあるから、検索から呼べなくてもムダとは言えない」と思われるかもしれません。これは確かに事実です。

 

そういった意味では自作ホームページでも問題ありません。ですが、やはり単純な集客力においてはプロの作ったものには適わないと思ったほうがいいでしょう。

 

自社サイトがないよりはあったほうが良い 

ただ、繰り返しにはなりますが、プロに頼むには安くない費用がかかります。効果も分からないものに対して、数十万円の初期費用と数千円~数万円のランニングコストを支払い続けるのはなかなか勇気のいることでしょう。

 

そういった時には、「まず自社サイトをとりあえず自作してみる」という選択肢もアリです。自分で簡単にでもサイトの仕組みを理解していれば、業者選びもスムーズになるでしょうし、何よりサイトへの理解が深まります。

 

「サイトは作って放置しておけば集客できる魔法のツールではない」ことが分かるだけでも自社サイトを持っておく意義はあるでしょう。

 

ただ、その際、「無料で自社サイトを自作しよう」というのはおすすめしません。無料で自作できるツールは確実に性能が限られてきますし、何より「自分が悪かったのかツールが悪かったのか」の判断すらつきません。

 

プロに頼むよりは安い費用で済むのですから、基本的には有料プランで何ができるのかをきちんと知っておいたほうがいいでしょう。

 

もしも、「のちのち有料になるとしても最初はまず無料でお試ししたい」というのであれば、GMOのグーペなどがおすすめです。まず何の知識もなくサイトが作れることもそうですが、それ以上に15日間の無料体験が付いているので、「とりあえず体験してみたい」方には利用しやすいと思います。

 

ホームページは現代の日本で店舗を経営するなら「必須」のものになってきました。プロに依頼するにせよ、自作をするにせよ、まずは自分なりにその力と機能を理解しておくことはとても重要なのではないでしょうか。