ちょっと待って!そのクレジットカードは経費に使えますか?法人カードと個人事業主について

ときどき、インターネットや個人事業主の経理本などを見ると、「お店の商品をクレジットカードで買った」「クレジットカードで買った商品を経費で落とした」などといった言葉を見かけることがあります。

 

もちろん、それ自体は全く問題ないことです。

 

ただ、クレジットカードを個人事業主が使用するときには1つ絶対に気を付けておくことがあります。それがビジネスカード(法人クレジットカード)か一般カードかという点です。

 

一般カードの利用は事業用利用が不可

実は、多くの一般的なクレジットカードは事業用に利用することが規約で禁止されています(全てではありません)。

 

もちろん、カフェに使う材料を少量仕入れたり、居酒屋で飲んだ交際費をクレジットカードで支払うことぐらいでは禁止になることはありません。そんなことをしていたら、一般の利用者でカード使いが荒い人や何でもクレジットカードで済ませてしまう人だって規約に引っかかってしまう可能性があります。

 

私自身、こういった規約を知らないときには普通にビジネスでクレジットカードを利用してしまっていましたが、クレジットカード停止といったことにはなりませんでした。あまりにも反復使用が多いなど、比較的、極端な事例だと言っていいでしょう。

 

ですが、規約違反は規約違反です。いきなりクレジットカードの利用を停止させられたからと言って文句を言うこともできません。

 

きちんと、事業用には事業用のビジネスカード、もしくは法人向けカードを利用したほうがいいでしょう。クレジットカードの年間契約費は全て経費にできますし、個人利用との区別もしやすく経理も楽になるので、損はないはずです。

 

個人事業主でも法人カードは作れる

とはいえ、「私は個人事業主だから法人カードは作れない」と思っている方もいらっしゃるでしょう。実際、法人カードの中には個人事業主では作れないものも存在します。

 

逆に言えば、個人事業主でも作れる"法人"カードもあるということです。

 

なかには事業立ち上げから1年未満の、比較的信用のない個人事業主でも作ることのできるクレジットカードもありますので、まだまだ売上額も所得も少ない事業主はそういったカードを積極的に利用していくと良いでしょう。

 

個人事業主が法人カードに入会するメリット

一番の大きなメリットは「スタッフにクレジットカードを使わせることができる」という点です。

 

一般的なクレジットカードは他人に利用させることが禁じられています。ですが、カフェ営業の場合、仕入れなど、スタッフに任せて買い物をさせたい場面は少なくないでしょう。

 

そういったときに、わざわざ現金を持たせるのも手間です。こういった時にスタッフも使える法人カードは効果を発揮します

 

また、法人カードに入会すれば、カードの種類によっては無料でETCカードを付けてくれるところもあります。このETCカードもスタッフに貸すことができるので、個人向けのクレジットカードやETCカードと分けて、事業用のものを持っておくのは非常に便利なのです。

 

個人事業主におすすめの法人カードとは?

たとえば、JCBの一般法人カードやOricoカードなどは審査の通りやすさや利用しやすさといったメリット以外にも、Amazonや楽天などのネットショッピングを利用する時には、数倍の速さでポイントがたまっていきます

 

特に、JCB一般法人カードは初年度年会費無料のうえ、その後も年会費が1250円と、法人カードの中ではかなり格安で利用することができます。そのうえ、Amazonとの提携もされており、Amazonポイントがたまりやすいといった点も特徴です。

 

(余談ですが、最近は楽天やAmazonなどネットショッピングで仕入れをするカフェは格段に増えています。一般の卸売業者がネットショッピングに参入するようになって、下手な業者から購入するよりネットで購入したほうが良いからです。その意味で、ネットショッピングに強いクレジットカードを持っておくのは便利です)

 

また、JCB法人カードでは、先ほどご紹介したようなETCカードも一緒に申し込むことが可能です。このあたりもおすすめな点です。

 

ただ、一般カードの利用限度額は100万円なので、カフェの規模や売り上げによっては「足りない」という方もいらっしゃると思います。そういった方はJCB法人カードのゴールドカードに申し込むと良いでしょう。

 

利用限度額も上限が250万円なので、ほとんどのカフェや喫茶店では「限度額を超えてしまって支払いができない」といった事態になることはないかと思われます。

 

あとはVISAカードの個人事業主向けカードもおすすめ。

 

先ほどのJCBのクレジットカードのようなポイント付帯サービスだけでなく、新幹線のプラスEX加入サービス、法人向けETCカードサービス、電子マネーサービスと法人向けのサービスが充実しています。

 

個人カードとの合算もできるので、個人でVISAカードを使っている人には特におすすめのカードです。

 

公式サイト⇒三井住友ビジネスカード for Owners

 

法人クレジットカードについてまとめ

・一般カードは事業用に利用してはいけないものがほとんど

・事業用には法人カード(ビジネスカード)を利用すること

・法人カードや法人ETCカードはスタッフと共有できる

・JCB法人カードは年会費が安く、VISAカードは優遇サービスが多い