読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェの事業計画書の書き方!金融機関から融資を受けるために抑えるべきポイント

 カフェを開業する際、完全に自己資金で開業しようと思う方は少ないでしょう。

 

現実問題として、カフェの開業はどんなに低コストに抑えたとしても200万ぐらい、そこそこのカフェをきちんと作ろうと思えば500万ぐらいは欲しいところ。それだけの金額を自分1人で用意するのは、簡単なことではありません。

 

そこで多くの人は家族にお金を借ります。それで足りればいいのですが、やはりそれでも足りません。では、どうするか。

 

こうなると、日本政策金融公庫(俗に言う公庫)や銀行から借りるのが一般的です。とはいえ、彼らも無計画に「カフェを開業したいからお金を貸して!」と言えば、お金を貸してくれるわけではなく、きちんと事業計画書を書いて提出する必要があります。

 

f:id:nyarumeku:20161128020855j:plain

 

そこで今回は、事業計画書に求められる内容や、特に初めてだと分かり辛いポイントについて簡単にかいつまんで解説したいと思います。

続きを読む

カフェが開業できない!?賃貸店舗を借りるときには電圧と電流に気を付けよう!

賃貸店舗を借りていよいよカフェ開業!

 

季節は春。新生活の始まるこの季節に合わせてあなたはカフェをオープンしました。

 

事業計画もバッチリ!人員も確保したし、設備も充実しています!資金の不安も半年分の運営費を確保したので、当面はありません。実際、数か月は問題なく運営できていました。

 

ですが、一見順風満帆に見えたカフェ開業なのに、夏場になると大変!なんと、クーラーを入れるたびにお店の電源が落ちてしまうようになったのです!

 

…と、こんな事例は意外と珍しいことではありません。カフェにとって電気の確保は忘れられがちですが、重要な問題なのです。

続きを読む

100万円でカフェ開業!?資金計画からメリットとデメリットをはっきりさせよう!

カフェを開業することに対して、憧れがある方は多いと思います。

 

実際、今は雇われの社員として働いていても、将来的にはカフェの経営者として、個人事業主として独立したいという夢を持つ方は少なくありません。

 

ですが、開業には資金が必要です。

 

そこで今回は、どれだけ安い資金でカフェ開業ができるかどうかを検討しつつ、低資金での開業のデメリットについてご紹介したいと思います。

 

f:id:nyarumeku:20161119161345j:plain

 

カフェはイニシャルコストも収益性も低い業種

カフェは飲食店の中でも収益性が低い業種だと言われます。

 

居酒屋やバー、レストランなど他の飲食店と単純に比較したって、カフェのほうが売上額は低いであろうことは簡単に想像がつくでしょう。カフェは客単価が高いわけでもなく、回転率がイイわけでもありません。

 

ただ、ほかの飲食店に比べて大きなメリットがあります。

 

その一つが、安く開業できるということです。

 

居酒屋やレストランは料理を作るための厨房が必要になります。そのぶん多くのスペースが必要になりますし、開業コストも高くなります。バーならお酒だけ揃えればいいように感じるかもしれませんが、そのお酒をそろえるだけでも初期投資がいりますし、なによりバーカウンターなど一つ一つの家具に高級感が必要です。

 

その意味では、カフェはかなり安く開業できる業種です。仮に料理を作っても、家庭用のキッチン程度であれば特別な設備もスペースも必要ないため、かなり安価に開業することができます。

 

カフェは100万円あれば開業は可能

そんなカフェですが、本やネットを見てみると、「500~1500万円はカフェ開業に必要!」 と書いてあります。以下の記事でも触れていますが、もちろん、そこまでの金額をかける人はそういません。

 

 

確かに、開業にかけた費用が高いほど、素晴らしい店にはなりやすいです。良い条件の物件を借り、設備もきちんと業務用のものを使用し、レイアウトはすべてデザイナーに発注し、内装も施工業者にしっかりやってもらうetc……。

 

開業費用はより良い店にするために必要なものですが、それらがカフェとして営業していくために必須かと問われれば、実はそうでもないのです。

 

カフェの開業は100万円もあれば開業することができます。

 

そこで、100万円でカフェを開業するために必要な資金計画や準備について考えてみましょう。

 

f:id:nyarumeku:20161119161417j:plain

続きを読む

カフェオーナーは意外と副業をしています!マルシェへの出店からアルバイトまで

「カフェを開業したら、カフェ一本でご飯を食べていく」

 

カフェ開業を考える方の中には、こういった思い込みというか、理想を抱いている方が数多くいらっしゃいます。もちろん、カフェや喫茶店の売り上げだけで収入を得て、それだけで暮らしていくというのは理想でしょう。

 

ですが、実際問題として、それはかなり難しいと言えます。

 

カフェはドリンクの利益率が高いため、フードロスの多いレストランや居酒屋に比べると比較的赤字になりにくい業種ですが、一方で売り上げが少なく「暮らしていけるだけの黒字も出しにくい」業種なのです。

 

今回は、小さなカフェのオーナーが副業を持つことのメリットと、どんな副業がありうるのかをご紹介します。

 

時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!―――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる

時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!―――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる

 
続きを読む

カフェの開業費用はコンセプトによって変わります!あなたのカフェのコンセプトはなんですか?

本やインターネットで少し調べてみると、カフェ開業に必要な費用がいろいろと公開されています。例えば、以下の記事では開業費用はこのように紹介されています。

 

  • 移動カフェ 400万円
  • 自宅カフェ 700万円
  • 独立店舗カフェ 1,500万円

 http://moneyreport.hatenablog.com/embed/cafe_friend_stop

 

正直言えば、この数字はあまり正確とは言えません。というより、カフェ開業にかかる費用なんて正確には出せません。その理由は「人によって思い描いているカフェのスタイルが違うから」です。

 

そこで今回は、最も多くの人が「カフェ」と言われて思い浮かぶであろう"独立店舗型のカフェ"をいくつかのタイプに分けて、各タイプのどこで、どのぐらいの費用が必要になるかを簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む