レジスターはもういらない!?無料アプリのAirレジでiPadレジに変えてみませんか?

お店を開業するときに悩むのが「レジ回りの道具をどうやって選ぶか」

 

レジスターはどんなものにしよう?

iPadレジを使ってみたいけど、どうすればいいのだろう?

iPadレジとレジスターはどんな違いがあるのだろう?

 

などなど、これまでのレジスターに加えて、iPadをレジにする無料サービスが出てきたために、選択肢が増えて悩んでいる経営者も多いはず。

 

そこで今回は、「レジスターとiPadレジがどう違うのか」、特に「iPadレジを使うメリットはどこにあるのか」をご紹介していきます。

f:id:nyarumeku:20180519165010j:plain

 

iPadをレジにするAirレジとは?

「iPadをレジにする」

 

少し前であれば全くイメージが湧かなかったでしょうが、最近では飲食店、雑貨屋、アパレルetc…といろいろなところで、iPadを使ったレジを見かけることができます。

 

あれは、アプリを使うことでiPadに商品登録機能や電卓計算機能を持たせているから。

 

有料のサービスもありますが、多くのお店では、初期費用も月額固定費も完全無料のアプリを使ってiPadをレジとして使っています。

 

無料アプリのなかでもいくつかのアプリがありますが、その代表格が、リクルートが提供している「Airレジ(エアレジ)」。iPadで登録した商品メニューをタッチすれば、自動で合計金額を出して、売上データまで無料で出してくれるスゴイやつなのです。

 

 

ちなみに、iPadをレジにしているお店が多いので、「iPadしかレジにできない」と思われるかもしれませんが、iPhoneでもAirレジアプリをインストールすれば、レジとして使うことができます。

 

レジスターを買わずに、手元のiPadやiPhoneをレジにできるので、今やレジスターを持たずにカフェや雑貨屋を開業するお店も多いのです。

 

レジスターとAirレジの違い

とはいえ、これまで普通のレジスターしか使ったことのない方には、「レジスターとAirレジの違いが分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、レジスターとAirレジはなにが違うのか比較してみましょう。

 

レジスター

電卓、現金を入れるドロワー、レシートのプリンターが一体化したのがいわゆる「レジスター」。

f:id:nyarumeku:20180526001017j:plain

 

Airレジ

電卓機能や、どの商品が売れたかの在庫管理機能、どの時間にどんな人が商品を購入したかまでデータ化されるPOSレジ機能が付いている。ドロワーやレシートプリンターは周辺機器で購入できる。

※イメージが湧かない方は、下の公式動画を参考にしてみてください

 

  

レジスターはそれだけでレジ回りのすべての機能がついていますが、売上管理などができないため、レシートや売上管理を別にとっておかないと、確定申告のときに大変なことになってしまいます。

 

逆に、Airレジはドロワー(キャッシャー)やレシートプリンターがないので、(必要な人は)別途で買わなければいけませんが、そのぶん売上管理機能が付いており、売上を入力するだけで、そのままデータとして保存されます。

 

ちなみに、"小さな個人店レベル"であれば、ドロワーも金庫で十分ですし、レシートプリンターは領収書でも十分問題ありません。実際、そういう使い方をカフェでやっている方もいらっしゃいます。

 

当店の場合はオープンするにあたって、とにかく経費をかけたくなかったので、まずはAirレジだけで始めました。現金は空き箱に入れ、領収証は求められたときに手書きするというアナログスタイルです。

https://marche.yayoi-kk.co.jp/useful/1113/

 

あくまで小型のカフェの場合ですが、周辺機器がなくともスタートできますので、初期費用0円でレジの代わりにiPadをレジとして使うことができます。「試しに無料のAirレジアプリを試して、必要になったら周辺機器も揃える」のでも十分でしょう。

 

Airレジ導入で、無料でこんなことができる!

1. 毎日の売上や経費、利益管理で売れるメニューの分析を!

まず、Airレジの一番のメリットは、毎日、毎時間の売上や経費、利益が分かること。

f:id:nyarumeku:20180525170741p:plain

 

最初にメニューの値段を入力するだけで、毎日どんなものがどれぐらい売れているのかが分かります

 

「確定申告が楽になるのは予想できるけど、ほかにはどんなメリットがあるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

たとえば、曜日ごとに売れない曜日が分かれば、その日を定休日にできますし、売れないメニューがあれば、売れるメニューだけを残すこともできます。効率的にお休みを設定できますし、より魅力的なお店にするためのデータが簡単にとれるのです。

 

真面目に個人店の経営を考えたことのある経営者なら、これがどんなにメリットのあることかはすぐに分かるでしょう。

 

2. クレジットカード決済との連携が楽

これまでクレジットカード決済は大手企業やチェーン店のものでした。

 

ですが、iPadレジで導入できるSquareやAirペイなどの「初期費用・月額固定費無料」のクレジットカード決済サービスが出てきたことによって、クレジットカード決済はグッと敷居が低くなったのです。

 

 

今や、カフェに限らず小売店などでは、クレジットカード決済はどんなに小規模でも「なくてはならないもの」。そういったクレジットカード決済アプリと連携して、すぐに決済のできるAirレジの魅力は大きいでしょう。

 

f:id:nyarumeku:20180519170034g:plain

 

たとえば、SquareをAirレジと連携していれば、現金売上がどのぐらいあったのか、クレジットカード決済の売上がどのぐらいあったのかが一目で分かるようになっています。

 

f:id:nyarumeku:20180525171637p:plain

 

クレジットカード決済を考えている経営者に、Airレジはほぼ必須と言って間違いありません。

 

3. クラウド会計サービスとの連携で確定申告を楽に!

また、確定申告をさらに楽にしてくれるのが、弥生(やよい)やMFクラウドなどのクラウド会計ソフトとの連携が強いこと。

 

アプリを連携させておくだけで、確定申告書に必要な売り上げが一発で記入されます。

 

やり方は簡単で、やよいでもMFクラウドでも一緒。

 

Airレジとクラウド会計アプリのアカウントを登録し、それぞれの連携をするだけ。これだけで、Airレジで入力した売上が、自動的に仕分けされて確定申告書として出力できます。

 

f:id:nyarumeku:20180525172430p:plain

 

まだ使ったことのない方は、とても簡単なのでぜひ試してみるとよいでしょう。弥生とMFクラウドの簡単な違いもご紹介しておきます。

 

弥生(やよい)

無料体験プラン 0円(1年無料)
セルフプラン8,640円/年
ベーシックプラン12,960円/年金融機関

 

MFクラウド

フリープラン 無料
ベーシックプラン864円/月9,504円/年
あんしん電話サポート付きベーシックプラン18,576円/年

 

正直、弥生もMFクラウドも機能的にほとんど差はありません

 

どちらも使い勝手はいいですし、初心者にも使いやすいフォーマットになっています。利用料的にも、それほど大きな差はありませんので、お好みで選んでいただいて問題ないでしょう。

 

Airレジに入力すれば、自動的に仕分けされる機能もどちらのサービスにもついているので、「弥生(MFクラウド)を選んだから使いづらい!」ということはよほどありません。

 

Airレジを使って売上アップを!

ここまでAirレジの魅力をいろいろと言ってきましたが、最大の魅力はやっぱり「いつ、なにが、どのぐらい売れたか」のデータをとれること。

 

コンビニや大手スーパーはこうしたデータをとるのに、うん千万、うん億円というお金を払っています。このデータさえあれば、よりお客様に適した商品やサービスをすすめられるようになるからです。

 

今や、Airレジを使うことで、個人事業主レベルでも簡単にこうした売上データを見ることができるようになりました。特に、売上を上げたいと考えている経営者、これから開業しようとしている経営者は、ぜひAirレジの導入を検討してみてください。

 

きっと、これまでのレジスターでは体験できなかった新しい店舗経営のやり方に出会えるでしょう。

 

カフェにクレジットカード決済を導入したら売上は上がるのか?現役経営者がレビュー

カフェを開業するとき、悩むのが「クレジットカード決済を導入するか?」

 

最近では、nanacoなどの電子マネーやsuicaなどの"交通系電子マネー"を使えるサービス(AIRPAYなど)も出てきましたが、まず多くの経営者が悩むのは、クレジットカード決済だと思います。

 

f:id:nyarumeku:20180519164333j:plain

 

「カフェなんて単価が低いのに決済手数料をとられたらやってられない…」

「手元に現金として売上が残っていないと不安…」 

 

こんな悩みや不安を抱えつつ、カフェ経営者は、現金決済以外の決済方法を導入するか判断しなければいけません。

 

そこで今回は、カフェ経営者の一人として、実際にクレジットカード決済を導入した結果どうなったか売上としてはどのぐらいクレジットカード決済が占めるのかをご紹介したいと思います。

 

クレジットカード決済は全体売上の5%弱

結論から言えば、当店ではクレジットカード決済の売上は全体の5%ぐらいです。

 

実際の売上も公開します(画像はとある月の実際の売上とカード利用率)。

 

f:id:nyarumeku:20180519171703p:plain

 

月商100万円なら5万円。月商200万円なら10万円ぐらいがクレジットカード決済というわけです。意外と少なく感じられたでしょうか?

f:id:nyarumeku:20180519163653p:plain

JCBの調査によると、いまだに飲食店でのクレジットカードの国内利用率は、13.2%程度。バーやレストラン、居酒屋など、単価が高い飲食店が引き上げていることを考えれば、カフェで5%の利用率という数字は他店舗でも同じぐらいの割合になるでしょう。

出典:https://www.global.jcb/ja/press/news_file/file/20170217.pdf

続きを読む

臨時営業許可と露店営業許可の違いとは?マルシェやイベントに飲食店で出店するために

「マルシェやイベント、屋台や出店でコーヒー、手作りの食事を出したい!」

 

こんな風に思ったことはありませんか?

 

「でも、マルシェに申し込んでみたはいいけど、どんな許可を取ればいいのか分からない…」という方がほとんどでしょう。そこで今回は、イベントやマルシェなど「一時的に営業許可を取るとき」にどのような手続きを取ればいいのかをご紹介します。

 

f:id:nyarumeku:20161115192438j:plain



続きを読む

カフェは食べログの有料会員に登録してもメリットがあるのか?現役オーナーが食べログの効果を教えます

カフェや喫茶店を経営していると、食べログやぐるなびのような口コミサイトを使った集客を検討したことが一度はあると思います。

 

「ホームページでの集客や、ビラ配りでの集客には大したチカラはなかったけど、口コミサイトなら……?」そんな風に考えたことがあるオーナーさんもいらっしゃるでしょう。

 

今回は、そんな口コミサイトの有料会員の効果やデメリットについて、現役カフェオーナーの立場からご紹介させていただきます。

 

特に、口コミサイトのなかでもメジャーなサービスと言えば、食べログですが、食べログの有料店舗会員には本当になる価値があるのでしょうか?

f:id:nyarumeku:20180106214325j:plain

カフェは食べログの有料会員になるべきか?

まず、結論から言えば、カフェや喫茶店の集客をしたいと考えるなら、ぜひ食べログの有料会員の利用を検討するべきだと考えています。

 

その理由は、かかる費用に対しての集客力が圧倒的に高いからです。

 

食べログには月額10万円かかるプレミアムプランなど高額なサービスもありますが、そこまでの費用をかける必要はありません。利用者として言わせてもらえば、月額25,000円のスタンダードプランで十分な集客力があります。

 

月額25,000円の費用を回収するには、最低限「月に25,000円の利益を確保」する必要があります。原価率30%ぐらいの標準的なカフェなら、「食べログを利用することによって月額40,000円の売上が確保できるか?」がポイントになってくるわけです。

続きを読む

都会のカフェに駐車場は必要?月極?コインパーキング?どれがおすすめなの?

カフェや喫茶店を経営するうえで、重要な集客手段のひとつが駐車場

 

地方の飲食店にとってはなくてはならない駐車場ですが、都会のカフェではどうでしょうか?地方ほど「必須」という感覚はありませんが、集客に役立ってくれるのでしょうか?

 

今回は、都会での駐車場の必要性やおすすめの駐車場の契約サービスについてご紹介します。

 

都会のカフェに駐車場は必要か?

そもそも都会のカフェに駐車場は必要でしょうか?

 

東京や大阪を見てもわかるように、たいていの都会の移動は地下鉄や電車がメインですし、地下鉄が発達していない福岡などの都市ではバスが発達しています。車の利用者に比べると、人数的には圧倒的に車を利用しない人のほうが多いでしょう。

 

ヘタに月極で駐車場を借りると、ランニングコストばかりかかって、売上は増えても利益が減る状態になりかねません。

 

こうしてみると「都会のカフェや喫茶店には駐車場は必要ない」と言えるかもしれません。

 

ですが、ちょっと待ってください!

 

これはいくつかの前提を見逃した考え方です。

 

都会のカフェでも、ターゲット層によっては駐車場が強いチカラを持つこともあるのです。

続きを読む